HOME > 舟めぐり > 勉強会

勉強会

江戸再発見コンソーシアムでは、舟めぐりや街めぐりを連携させた広域的な観光集客事業を目指し、魅力的な観光めぐりを展開したいと考えています。 そのために、各方面で第一線で活躍されている講師の方をお招きし、勉強会を開催しています。

第1回舟めぐり勉強会(平成21年3月11日開催)
テーマ:河川観光実施における基礎知識
観光地域づくりと船観光と河川観光の事例を折りませながら、「観光事業の今」をお話頂きました。
概要:1.観光の現状、2.観光地域づくりとは、3.ニューツーリズム、4.河川と観光、5.河川観光の事例
講師:松蔭大学?観光文化学部?古賀 学教授
講師プロフィール
1949年生まれ。松蔭大学観光文化学部教授。観光文化研究センター委員。
『観光カリスマ百選』選定委員会委員、全国フィルム・コミッション連絡協議会理事などを歴任。現在、NPOふるさと広報センター理事を務める。
東京農業大学、東京家政学院大学、東京大学大学院の非常勤講師も兼務。
共筆書に『広域連携による観光振興』『観光カリスマ?地域活性化の知恵』など
第2回舟めぐり勉強会(平成21年3月24日開催)
テーマ:観光ガイドとホスピタリティ
観光振興において求められる人材と観光ガイドとしての心構え等、ガイドの資質の軸なるホスピタリティについてご講演をして頂きました。
概要:1.ホスピタリティとは、2.観光カリスマとしての資質、3.観光ボランティアの心構え
講師:松蔭大学?観光文化学部?古賀 学教授
第1回舟めぐり勉強会(平成21年3月30日開催)
テーマ:魚河岸の歴史と日本橋
日に千両の商いと言われた日本橋魚河岸の歴史や魚河岸独特の文化・風習など魚河岸の今に伝わる伝統をお話頂きました。
概要:朝千両の商いと隆盛を極めた日本橋魚河岸の歴史について
講師:築地マグロ仲卸「鈴与」三代目?生田 與克
講師プロフィール
1962年東京・月島生まれ。
築地中卸「鈴与」の三代目として築地市場で水産物を扱うかたわら、講演会やテレビなどを通じて魚食の普及に努める。国際魚食研究所所長。魚河岸の伝統を引き継ぐ「魚っ喰い文化の語り部」として幅広く活躍。
著書に「築地魚河岸直伝魚をさばく」「日本一うまい魚の食べ方」など。
ホームページは「築地の魚河岸野郎」。http://www.uogashiyarou.co.jp