HOME > 伝統文化・工芸講座 > 触?江戸紅型

伝統工芸を次世代に継承する事業

伝統文化・工芸講座

伝統文化・工芸講座は全て終了しました
沢山のご参加ありがとうございました

触?江戸紅型 江戸紅型の技?型染の美に触れる?

  「紅型(びんがた)」とは琉球から京都や江戸などにその技法が伝えられ、その後各地で作られるようになりました。この道50年以上の職人さんが昔ながらの手仕事で染めを行っている、日本でも唯一と言ってもよい「江戸紅型工房」がお江戸の中心・日本橋のビルの谷間にございます。そんな工房で、現在では貴重となった型染めの美に触れてみて下さい。

【知を感じる】 「江戸紅型の技術」 ?型と色?
日   時 12月5日(土)14:00?15:30
参 加 費 ¥3,000(テキスト、お茶、お菓子付)
定   員 30名様
会   場 江戸紅型工房(ころもや)
【技を感じる】 「江戸紅型を自分で染めて紬のオリジナルブックカバーを作る(全2回)」
日   時 第1回目12月12日(土)13:00?15:30
※工房の関係で、2グループに分かれて各1時間
第2回目12月19日(土)13:00?16:00
参 加 費 ¥18,000(2回分 テキスト、講習代、紬材料費、型染代、紬染代、ブックカバー材料費込)
定   員 12名様
会   場 江戸紅型工房(ころもや)

お申込みは江戸東京再発見コンソーシアム(03-3668-0700)までお願いします。